会計・税務
フィリピンの源泉徴収票(BIR Form 2316)について

フィリピンのBIR Form 2316は、日本で言うところの源泉徴収票であり、従業員の全所得、控除および源泉所得税をまとめた申告書です。
本編では、BIR Form 2316の詳細、目的等をお伝えします。

続きを読む
暮らし
セブ島での起業-マニラとの比較

近年フィリピン・セブ島おいて事業を展開する日本人起業家が増えています。なぜセブ島が着目されるのか、その理由と魅力についてお伝えします。

続きを読む
暮らし
セブ島で進行中の再開発プロジェクト

フィリピン・セブ島では、2023年7月現在、ドゥテルテ政権の「BUILD BUILD BUILD (BBB) Program」政策の一環として、複数のインフラ開発プロジェクトが進行または計画されています。

続きを読む
会計・税務
フィリピンにおけるCAS/EISの概要

フィリピンではデジタル化を加速させる動きがあり、近年会計システム登録および電子インボイスに関する方針や法令等がアップデートされています。
本編では、コンピュータ会計システム(CAS)および電子請求書・領収書システム(EIS)についての概要をお伝えいたします。

続きを読む
会計・税務
フィリピンにおける移転価格税制の概要

日本の親会社がフィリピン子会社等、グループ企業間での取引を行う場合、移転価格税制に関するルールや規定を遵守する必要があります。
本編では、移転価格税制および移転価格文書においての概要をお伝えいたします。

続きを読む
会計・税務
フィリピンにおける租税条約適用(TTRA)の概要

日本親会社がフィリピン法人から利益や配当を受け取る場合、二重課税を排除するために、租税条約適用申請(TTRAs)を行うことで軽減・免除が可能となります。
本編では、日比租税条約およびその適用申請についての概要をお伝えいたします。

続きを読む
会計・税務
フィリピンにおける税務調査の概要

フィリピンにおいて、日系企業に対する税務調査が増加しています。BIRの指摘事項に対して適切な対応を行うことで、大幅に追徴課税を減らすことが可能です。本編では、税務調査の概要および一般的な指摘事項についてご紹介します。

続きを読む
会計・税務
フィリピンにおける会計トラブル事例~初級編~

フィリピンにおける会計実務の常識に任せてしまうと思わぬ落とし穴に出くわすこともあります。
本編においては、フィリピンのローカルの会計事務所を使っていた日系企業から報告のあった実際のトラブル事例をご紹介します。

続きを読む
会計・税務
フィリピンにおける個人所得税の概要

フィリピンでは、日本と同様に累進課税が適用されており、その最高料率は35%となっています。税制改革第1弾(TRAIN法)に伴い、2023年1月より個人所得税の大幅な見直しが実施されています。
本編では、フィリピンにおける個人所得税についてご紹介します。

続きを読む
法人設立
フィリピンにおける会社設立の概要

フィリピンにおける会社設立手続きは大変煩雑であり、SECにおける法人登記まで最短1ヶ月、その後の地元自治体の営業許可証取得まで含めると3ヶ月強の時間を要することが一般的です。
本編では、会社設立手続きの流れを紹介していきます。

続きを読む